2011年12月24日土曜日

クリスマス・イブ

あちこちに電飾が飾られているのがアメリカのクリスマスイブですが、ここ二、三年は近所で飾られる電飾の規模が確実に小規模になっている感じですね。
なんというか、景気低迷の煽りというのが皆さんの「景気良く飾っていこう」といった日常の行動にまで影響を与えているのかな?と思ったりします。でも、事はそう単純でもなさそうで、ショッピングモールは文字通りクレイジーと言えるレベルの混雑ぶりです。しかも例年にも増して!
ブラックフライデーから続く長い長いアメリカの一大消費祭りの一旦の締めがポストクリスマスセールですから、実際は明後日くらいがこのショッピング・スプリー(買い物祭り?とでも訳しますか)シーズンの締めとなる感じです。色んなクリスマス関連の飾りや捌ききれなかった季節のものが大量に叩き出されますから。それにしても、こうやって売られたクリプレの約10%弱が返品と交換の憂き目に会うんだそうです。アメリカってそう言うの堂々とシステマティックにやりますし、受付もさも当然のように事情も聞きませんし。日本で同じ事したら大クレーマー事件として大変なことになるでしょうね。(笑)
我が家もクリスチャンじゃないのに、それなりの準備は季節の風物詩としてセットしました。明日の朝のプレゼント開封に向けて娘達は早寝する始末、、、。マダマダ子供ですな。
我が家のツリー。既に三週間目です。
今日はもう一つ特記事項有りです。このブログで知己となったK県のI高校のバスケのコーチが今日からリッチモンド近郊の我が家にとまりに来まして、ここを拠点に東海岸のバスケの有名校の練習と試合を高校と大学それぞれ密に観て回るのです。もちろんVCUも入ってます。車は我が家の車を使ってもらうことになります。(今回で我が家への訪問は三回目!お互い気楽なものです。)
今日リッチモンド国際空港に迎えに行ったときに大量のおみやげを持ってきていただき、恐縮の限りでした。何とも、温かいお心遣いで娘と嫁さん達は大喜び。御気楽なもんです。orz

0 件のコメント: