2011年12月19日月曜日

疲れた、、、

これは一体なんなんですか、と問い詰めたくなるほどの会合だった。
今日は朝八時半から夕方五時までずーーーっと、デンタルスクール内でのリサーチのコラボの可能性を探るミーティングが続いた。しかし、しかし、、、残念ながら最後に言えたことは一言「個々の臨床のドクターはごく一部を除いては全くサイエンスをする基礎が出来ていない」ということだろうか。
なんか、フランス人がロシア人にギリシャ語でポルトガル語の説明をする感じ(笑)とでも言いましょうか。やっぱ、基礎的な語句の内容や実験における概念、更にはサイエンスにおける基礎訓練を一度も通過儀礼として経験していない人達には、話のコンテンツを相当噛み砕いてもどこかでやっぱり理解出来ない「見えない厚い壁」というものがあるんだなということが良く解った一日でした。
やっぱり若いうちに通過儀礼をきちんと済ませておかないと歳が行ってからは達成が難しいこともあるんですね。

0 件のコメント: