2011年11月15日火曜日

愚問!

昨日に引き続いて、スパコンの事を。
某「襟立て」バカ大臣のパフォーマンスで一旦は消えかけた「京」コンピューターのプロジェクト。ノーベル賞クラスの先生達を全員敵にまわした以下のような声明から反撃の狼煙が挙げられたことは記憶に新しいです。

009/11/25
11/25 声明文(ノーベル賞・フィールズ賞受賞者による事業仕分けに対する緊急声明と科学技術予算をめぐる緊急討論会)

学術および科学技術に関する「事業仕分け」によって現在進行中の科学技術政策決定手順について深く憂慮するノーベル賞受賞者、フィールズ賞受賞者をはじめとするわれわれ研究者が急きょ集い、討論した結果、以下のような声明を発表することに決した。


声 明


資源のない我が国が未来を持つためには、「科学技術創造立国」と「知的存在感ある国」
こそが目指すべき目標でなければならない。この目標を実現するために、苦しい財政事情の中でも、学術と科学技術に対して、科学研究費補助金を始め、それなりの配慮がなされてきた。このことを私たちは、研究者に対する国民の信頼と負託として受け止め、それに応えるべく日夜研究に打ち込んでいる。
学術と科学技術は、知的創造活動であり、その創造の源泉は人にある。優秀な人材を絶え間なく研究の世界に吸引し、育てながら、着実に「知」を蓄積し続けることが、「科学技術創造立国」にとって不可欠なのである。この積み上げの継続が一旦中断されると、人材が枯渇し、次なる発展を担うべき者がいないという《取り返しのつかない》事態に陥る。現在進行中の科学技術および学術に関する「事業仕分け」と称される作業は、対象諸事業の評価において大いに問題があるばかりではなく、若者を我が国の学術・科学技術の世界から遠ざけ、あるいは海外流出を惹き起こすという深刻な結果をもたらすものであり、
「科学技術創造立国」とは逆の方向を向いたものである。学術と科学技術に対する予算の編成にあたっては、このような「事業仕分け」の結論をそのまま反映させるのではなく、学術と科学技術の専門家の意見を取り入れ、将来に禍根を残すことのないよう、大学や研究機関運営の基盤的経費や研究開発費等に関する一層の配慮を強く望むものである。


平成21年11月25日


署名人一同(名簿は別紙)


これから必要なのはむしろ此等の開発の加速で有って、実際に現場で生命現象のシミュレーションをしている方の中には本当はこの京のパワーの百倍から千倍欲しいと言っていることからも解るように、10年後に今のスパコントップ「京」は間違いなくトップ500には入ってないはずで、またそうでないといけないと思います。2004年時のトップは今回の計測ではトップから300番台ということですので、早晩リストからは消えて行くのでしょう。7年でこういう事ですから、10年ではもう厳しい状態になるはずです。無論、この京もやがて直ぐに十京、二十京、百京などという今の時点の最高速から見ればトンデモない速度になるはずですが、微細加工の進化、新材料の投入、多層化を含むマルチコア化の進化、ソフトやハードの制御技術の全般的な進歩にともなってきっと十年を待たずして百京の速度を持つスパコンが登場するでしょう。
私はそこに最初にタッチするのが日本で有って欲しいと心から願っています。
物的資源の無い国が栄える唯一の方法は絶対に人的資源の育成しか無いのです。これからも絶え間なく一番を目指して、国家間の競争に切磋琢磨し人類の進歩に貢献する国の1つとして日本が栄えある役割を担って欲しいと思います。この京でさえ、あの地球シミュレータの二百倍以上の速度と言うんだから恐ろしいです。
それにしても、政治がこれを助けることはあっても、絶対に邪魔だけはするなと言いたいです。

しかし。しかし。かなり昔のスパコンより遥かに速い我が家のマシンを俺が使ってやってることといえば、、、。ウェブブラウジングと論文書きくらいですから、道具は使う人によって決まるんですね。当然ですが!(笑)
富士通のスパコンチーム!かっこ良い!

0 件のコメント: