2011年9月29日木曜日

トレーニングももっとキメ細かく設計しないといけないのかも

ロウイングと軽い筋トレのおかげだろうか、それともそれに伴って気をつけるようになった食事のおかげ?トレーニング開始前に通常73キロ前後をウロウロしていた体重が最近は68キロ程度で落ち着いてきた。特にダイエットのことは気にしていないが肉をなるべく摂らなくしたことくらいだろうか。あとは腹を満たすのにどちらかと言えば果実系のものを摂るようになったことか。寝るまでの時間は緑茶をもって空腹を満たすようにしていることも効果を上げたのに一助とはなったかもしれない。
鏡を使って体を横から見て脱力した時に実に醜く「中年太り」していた腹がほぼ完全に消えたといって良い状態になるまでほぼ半年かかったことになる。その分大胸筋や背筋はちょこっととは言えついたので、体重減らしつつ筋肉は増えるというせめぎ合い状態での五キロ減は結構数字としては良かったかも知れない。もともと家系的に高脂血症を持っているので、次回(半年後)の血清検査が非常に愉しみだ。
ただ、、、システマティックとは到底言えないロウイング中心の訓練になっているので、もう少し考えながら脚の強化などにも努めないとバランスを欠いたものになっていると思うし、休むべき時には休みを入れる「勇気」を持たねばならないと思う。(特にロウイングは中毒性が高いので!)自分はオリンピックの代表強化選手や大学・実業団のボート選手ではないのでそこんところもうちょっとテンパった状態から脱力させねば今回のように無理した挙句風邪をひいていては本末転倒だ。ここ五年ほどで初めて風邪をひいてしまったことが何よりの証左だろう。自戒自戒。

0 件のコメント: