2011年9月6日火曜日

アップルケアは大切!

今日は朝から雨が篠突く一日だった。
時に激しく、時にポツポツと。しかしほぼ夕刻までそれが途切れることは無かった。午前中に学生と会って明日のミニレクチャーの予定を話し、追加の実験の予定を話した後はオフィスを離れた。昼休みにエルゴでトレーニングをした後、娘のマックブックを修理する為にshortpumpにマシンを持っていったところ、インバータとディスプレイの交換をしてくれるという。総額約290ドル。但しアップルケアに入っていたのでこれはタダ。既に二週間ほど前にこのマシンは修理を受けていて、ヒンジ交換とロジックボードの総取替(この時はもしケアに入っていなければ560ドル!)、更にその前の修理でも表面のパネルを上下とも取り替えられているため本体のカバーとハードディスク以外は完全にニューマシンと言って差し支えないものとなった。(笑)実際バーチャルにかかったお金自体は既にトータルでは完全に元のマシンの値段を超えてます!
このアップルケアというのは一見余計な出費に見えるんですけど、実はこのケアのおかげで今までの合計で少なくとも数千ドルのお金をセーブしています。前にも書いたかも知れませんが、一度などは結局修理仕切れなかったマシンを新しいマシンと交換された事までありました。こう言うことばかりではないんでしょうが、本当に最初は痛いエクストラのケア代金も、丁度巧いことに一年を超えてくる頃から「測ったように」起きてくるパソコンの故障や不調を本当に絶妙にカバーしてくれるのでした。
しかし、記憶媒体もソリッドステートの時代に入ってきて、故障を起こす部品自体が少なくなってきたこと、それと新たにsquare tradeのような落としてぶっ壊しても保証してくれるような所が見つかったことで、保証システム自体も乗り換えとなっています。
どっちにしろ何も問題が起きないのが理想なんですが、、、。

0 件のコメント: