2011年8月26日金曜日

ハリケーン・アイリーンさようなら!

何のことはない、オバマ大統領を恐れさせたハリケーン「アイリーン」は何の目立った爪痕も残さずにバージニアから去ろうとしている。
しかし、今世紀の地球の温暖化にともなって予想される、ハリケーンの超大型化に伴い、今年も何度かやって来るであろうハリケーンに備えておく必要があることは間違いない。取り敢えず、停電に備えて懐中電灯と電池の確保だけはしておこうとあちこちのストアに走ったが、薬局その他を含めても、規格D(日本で言うところの単一電池です。)の大型電池は全て売り切れ。規格Cでさえ、WalMartには最後の1パックがあったくらいで、他は薬局にちょろっとその規格Cが最後の一個とかいう状態であったくらいでした。やはり大型ハリケーンの来る前というのはこんな感じでみんな水や電池を買い込んでいきます。今回はLEDライトとかが綺麗に揃ったし、前もって買い込んでおいたコールマンの電池ランタンセットとかもあったのでそう焦ることもありませんでした。何はともあれ、ハリケーンが来なくて良かったです。
しかしながら本来はこんなことをする日ではなく、母親を連れての遠足二日目だったはずなのですが、、、。それは母親がハリケーンが万一DCからの帰りがけにでも車に乗っている我々に遭遇するようなことになったら、、、という可能性を恐れて昼前に中止になってしまいました。というわけで、夕方に母の大好きなバッフェに行って嫁さんと息子とともにバッフェを戴いただけでした。残念!

0 件のコメント: