2011年8月23日火曜日

珍しい体験

今日は珍しい体験をしました。
珍しいと言っても「ここアメリカ東海岸では」ということなんですが。今日はじめて実験を始めるマスターの女の子がラボにやってきたのですが、ちょうど指導が終わって「さー昼飯でも買いにタイ料理の屋台に行こうかな~」と思っていた矢先のことでした。丁度実験のことに関して他の日本人の先生と電話で話していた時だったのですが、ユッサユッサと大揺れがはじまりました。大学の同じ構内で違うビルにいただけなので、思わず二人共会話が無言になってしまいました。(笑)少なくとも大揺れ30秒、完全に揺れがなくなるまで1分以上はかかったんじゃないかと思います。
後で調べたら、地震の大きさはM5.9で、震源地はここからわずか40キロ北西のところの深さ1キロ足らずのところだったようです。道理でデカイはず。バージニアの歴史の中では記録に残る最大の地震と全く同じ大きさだったようです。アメリカのこんなに地震の少ない地域で怖いのは建物が日本のような耐震構造になっていないことです。私が日本でこの揺れを経験したところで、日本の耐震建築というのを信じてますから「やっほー!」と言う感じで笑ってやり過ごせるのですが、ここはそんなのとはほぼ無縁のアメリカ東海岸です。この新ピカのビルも、マッチ棒のような柱の寄せ集めでできていることは本人が良く知っているので、「まさか」とは思いつつも、心の何処かでは「もしかして、、、」という気持ちも根強くあるのでした。取り敢えず今回はそんな事も起きませんでしたが、やっぱ災害というのは忘れた頃にやってくるんですね。
御飯を買いに外に歩いて出てみると、外はビルからインスペクションの為に出された人たちでごった返し、交差点のあちこちで警察車両が道をブロックしていました。救急車まで走りまわって忙しいことです。報告によればビルの倒壊や家屋の損傷は今のところ報告されていないという事ですが、こんなのでけが人が出ているようでは、日本であれば大問題です。屋台ではもう店じまいをしているところだったのですが、最後に一掻きパッタイがあるということでしたので、たまたま撤収に来ていた何時もは本店で会うオーナーが、「金は要らん~」と言ってサービスしてくれました。有り難いです。娘達も家で怖い目に会ってたみたいですが、大丈夫でした。嫁さんに至っては運転中に地震が来たみたいですが、取り敢えず事故にも遭わず、まずは一安心です。(後で聞いたら、全く気付かなかったとか、、、。鈍感なのか元々そういう類のものなのか。(笑))
何と恐ろしいことに、バージニアのドミニオン・リソーシズの原子力発電所が二基も緊急停止してしまったんだそうです。冷却装置は働いているということで問題はないらしいんですが、、、。不気味な話ですよね。
今回の地震で判ったことは、携帯は少なくともこのような地震後3時間経っても未だまともに使えない(最初の一時間はコール音さえ無し、それから後はYour call cannot be completed. Please check your number and dial it againのコールに変えられただけで事態に変化がありません。)ということと、固定電話は強いということ。それにインターネットは何の影響も受けず、直後からgmailのチャットやメール、facebookでガンガン安否を気遣う連絡が入ってきました。(私はアカウントは持ってますけどtwitterはやってません。)おまけに、直後にシスコに住む、何時も私の家族がお世話になっている方からも直ぐにメールで安否を気遣う連絡があり、大変有り難い事でした。
そのあとは、ベセスダのNIHの友人からもチャットで安否連絡があったんですが、DCの方も結構大きく揺れたということです。彼女にとっては生まれてこの方経験したことのない「大きな」揺れだったとのことで、ちょっと微笑んでしまいました。
幾つかのニュースリンクを記念に貼っておきます。





2 件のコメント:

norinori さんのコメント...

small Gさま・・・

ご無事でなによりです。こちらでもお昼のニュースで流れたくらいです。東海岸は地震はないと思っていたので、たまたま福岡から帰っていた息子も「ヴァージニアに地震が起こるって日本の地震のせい?」って言葉が出るくらいビックリでした。
ただ心配なのは原発が停止したことです。アナ湖に行ったこともあるので他人事とは思えません、何事もないことを祈るばかりです。

small G さんのコメント...

norinoriさん、
本当に昨日は驚きました。あの程度の地震の揺れはハッキリ言って日本であればどうってこと無いって「確実に」断言できるレベルなのですが、ご存知のようにアメリカのビルが如何に安直に作られているか知っている当方としましては、四階のオフィスにいたときは完全に「緊張した状態」でした。(笑)原発のほう、取り敢えずは大丈夫みたいです!御心配下さりありがとうございます。まわりのアメリカ人の、滑稽なまでの慌て振りを見て、少なくとも東海岸が地震に弱いことがこれで「痛いほど」よく解りました。これが日本で起きたようなM9だったらとおもうと、、、私のブログは昨日で突然かつ永遠に更新が止まっていたはずです。洒落になってませんが。