2011年7月17日日曜日

日本の誉「なでしこ」

勝った!勝った!勝った!勝った!勝った!何遍も叫んだ。
FIFAのビデオでもダイジェストが出てますが、この試合物凄い良い試合でした。大体初期設定からして、小説でもあり得ないような戦い。ワールドカップ参加各国中、下から二番目の低身長。おまけにアメリカ相手の試合では過去、3分け21敗。掛け率的にはもう鉄板で誰も賭けないレベルの初期設定なんでしょうが。試合が始まる前にピッチに並んだ両チーム、何だか中学生と大学生のような体格差で、これってクラス分けの試合はないんですか?と叫びたいくらいの歴然としたフィジカルのdisadvantageを背負っての試合。試合が始まっても前半は怒涛のアメリカの攻めで、最初の20分くらいまでは背筋に冷たいものが走る場面も何度もあったのですが、その度にギリギリのところでゴールポストに嫌われ続けるアメリカ。これも東北大震災の犠牲者の方の弔いの分まで背負って出てきているなでしこの力か。
一点入れられ、返す宮間。(このゴール凄かった!!)そして延長戦。また一点入れられたが、見ている私は負ける気がしなかった。そして延長戦後半117分。終了間際にコーナーから蹴りこまれたボールを、沢の姉御が文字通り、「あり得ない」「忍者」スーパーゴール。我が目を疑う一発でしたが、この瞬間テレビの前で走りまわり、手を叩き、頭を抱えて涙が出るのを堪えてました。PKにもつれ込んだ時の海堀の怒涛というしか表現しようのない鉄の扉のようなスーパーセーブ。もう、誰がヒロインなんだか分からないほどの全員が火の玉になったような大敢闘でした。デカイ奴らには技術と走りで!正しくそれを絵に書いたようなスーパーなでしこでした。これであのラモスの成田で沢にキスするぞ!!が現実味を帯びてきた?
ラモス氏本気!「優勝したら沢にチュー」
東京V(当時V川崎)所属時から、親交がある沢のずばぬけた才能を感じていたからこそ、当時から「いつも厳しく言ってたよ。『それでも代表かよ!』ってね」と振り返る。この日は自らプロデュースした東京・江東区内の室内フットサル場「ラモス・フィールド」のオープニングセレモニーに出席。終始「てんぐにならなければ準決勝も勝てるよ!」と熱かった。優勝したら、チューするよ! 元日本代表のラモス瑠偉氏(54)が12日、女子日本代表MF沢穂希に「優勝したら沢の唇にチューするしかない! 成田空港に迎えに行ってチューする。妻(初音夫人)にも許可をもらうよ」と独自の「優勝プレゼント」を提案した。94年米国W杯出場を目前で逃した「ドーハの悲劇」を経験。代表の結果の重みを知るだけに、「女子日本代表にはまだ何も取ってないぞ、と言いたい。準決勝で負けたら、(帰国時に)犬も迎えにこないよ。だから、決勝まで進んでほしいね!」と強調した。[2011年7月13日9時0分 紙面から]
「なでしこ」の花ことばは、「大胆」「勇敢」「野心」そして「燃える愛」なんだそうです。そのまんま「なでしこジャパン」そのものでした!おめでとう!!努力は報われた!!これで「さらに」素敵なお嫁さん候補にもなれたとおじさんは確信。

0 件のコメント: