2011年7月6日水曜日

駄目だこりゃ

大震災前には、「税・社会保障の一体改革」や「TPP参加問題」に政治生命をかけると言い、震災後にはそんな事コロッと忘れて「原発停止と自然エネルギーの開発」に命を賭けるという。紙切れのように軽い政治生命。ご本人、渡辺氏にエネルギー政策を争点とした衆院解散・総選挙を促され、解散には「全く」言及せず、「激励と受け止めた。満身創痍(そうい)、刀折れ、矢尽きるまで、力の及ぶ限りやるべきことをやっていきたい」と逆に政権維持に意欲を示して、、、。馬鹿につける薬はないとは言いますが、この男の脳内変換装置はどうなってるのか。北朝鮮でも生きていけそうですな。(というか、実際にこの首相と呼ばれる男が拉致国家・北朝鮮のシンパという恐ろしい真実が国会で散々叩かれてますが。)
だいたいオマエ、戦う為の刀も矢も持ってないのにどうやって戦ってたんだ???脳内の敵か?
糠に釘、暖簾に腕押し、レセプターの無い細胞にライガンド。人間「恥」という概念が無い者には何をしても無駄だという典型例が不幸にもこの国のトップの人間に立て続けに出てきてしまった。日本というのは政治的人材の払底という事実において信じられないほど深刻な事態を迎えているのだが、それに替わる未来を託せそうな人間がどこにも見つからない、というか少なくとも政治家なんかになろうという人間にまともな人間が居ないという事態になってしまっている不幸。
目的地もわからず漂い続ける国ニッポン。昔から政治は四流とは良く言われていましたが、その他の分野にも劣化が癌細胞の転移のように波及するのではないか、本当に心配です。嫌な予想は当たらないに越したことはないのですが、、、。
雌鳥鳴いて国滅ぶ。後ろに鉄面皮の女が控えている話があちこちから漏れ伝わってきます。

0 件のコメント: