2011年6月5日日曜日

Richmondウロウロ、そしてGreek Festivalへ

今日は義母をOld Navyに連れていき帰国時の御土産を買った。(何とも気が早すぎ、、、。)
その後、私のラボに案内して私がどんなところで仕事をしているのかを見てもらった。近くにはCivil War Centerがあるので、南北戦争当時のリッチモンドの様子を知ってもらおうと、義母を連れて家族で久し振りにジェームス川沿いのセンターを訪れて展示物を観て回った。ついでとばかりにBelle Isleに通じる301号の橋の下の恐ろしい高架式歩道橋(Belle Isle Pedestrian Bridge)を半分ほど渡ったところで記念撮影。この橋は本当に心臓に悪い。やたらと上下にウネウネする上に手すりは低いし、犬のウンチは時折落ちてるし、自転車も高速ですれ違うし、、、。高所恐怖症の私にはどうもあきまへん。
大きな地図で見る
その後でいよいよ本日の(嫁さんにとっての)メインイベントであるGreek Festivalに行ってきた。私自身はハッキリ言ってどうでも良いのだが、各国の違った料理を食べるのが人生最大の愉しみである嫁さんにしてみると、このお祭りに行くのはとても大切な年中行事らしいので、義母の祭りへの案内も兼ねて移動することにした。
今年は例年ほど暑くもなく、快適な天候の中で何時ものようにステージ上で若い男女がギリシャの伝統的な服を着て踊っている。そして後ろのバンドも伝統的なギリシャ、地中海風のリズムで音楽を奏でている。それに食事の配膳も販売も例年通りで何も変わっていないかった。嫁さんの唯一の不満は、カラマリが昨日で売り切れてしまって無かったこと。(これも私にはどうでも良いことですが。w)
それにしても人気のGyrosの列に60人以上も何時も並んでいて全く昨年同様改善がなかったこと、それと同時にそれを全く工夫によって改善しようとしない様子に、ギリシャの経済危機の本質は人間にありとふと感じたのでした、、、。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

0 件のコメント: