2011年6月2日木曜日

どうしてこうなった?

まあ、予想していた通りの大茶番。
ホント、ここまで酷い糞っぷりを晒すかね?というほどの茶番劇だったと思う。ニッポンの本来あるべき指導者層の劣化ぶりは本当に目を覆う程だと心から思う。なんちゅうかね、、、。
選挙で候補に出てくる人間のどれもこれも似たような感じ、議員になった途端に「ああ勘違い」振りを遺憾なく発揮する連中、そして何よりも何故お前らが国政の最高機関に出てくるの?と抗議の涙を流したいほどの脳味噌空っぽの連中が比例代表制の名のもとにワンサカ当選してくるというこれまた「クソ」レベルの選挙制度。東大、京大や明治早慶でないといけないということはこれっぽっちもない、それは断じて無いのだが、やはり「最低限の財政、法律、そして知性」等をスクリーニングされた後で議員のバッジをつけるようなシステムを作らなければならないのではないのだろうか。一部?(であって欲しい!)の議員の恐るべきバカっぷりは本当に空恐ろしくなるほどだ。三権分立の三権とは何か、とかそういうレベルの質問に答えられない輩が「絶対に」居ると私は信じている。これは、最低限のスクリーニングであって、これで人格や、政策立案能力が保証されるものでは決して無い、しかし、それを当然のように超えた上での候補者選定であって欲しいと思うのだ。
もうこの日本の危機というべき時に与党も野党もこの程度の動きしかしない、出来ないという悲惨さに国民が何を感じているのかさえ気づかない愚鈍さに遠くアメリカから絶望するのだ。
そして「案の定」バカボンがもう舌の根も乾かぬうちに言い出したお得意の水掛け論、「私は辞めるとは言っていない」攻撃の開始だよ、、、。もう日本の為に消えて。お願い。この人歴史に名前を残したいという願望があるらしいんですけど、もう十分残したでしょう。
憲政史上最低最悪の宰相として。(バカ鳩は真性の病気なので除く。)
東大の宮田先生の記述された日経の記事の頭にある文章、まさにこの通りだと思ったので一部を掲載する。全文はこちら
=大震災があぶり出したのは、日本のマネジメント力または経営力のお粗末さだ。経験の浅い民主党がたまたま政権を担っていたことだけが理由ではないだろう。一種の制度疲労のように、日本を経営する仕組みが病的なまでに劣化しているのだ。経営力の低さは順調な流れの中では見えにくい。逆境に臨んだ時に経営力の低さが顕在化する。国でも企業でも同じだ。=
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

0 件のコメント: