2011年5月26日木曜日

消えろ、、、東電

バカボンと斑目が罵り合っている間に事態が意外な展開を見せた事に驚いた。
官房の細野や枝野何とかという茶坊主共が言い訳の作文書きに必死になっている間に判ったことは、実は原子炉への海水注入は継続して行われていたということ。現場を知らない人間の判断を完全無視して、吉田昌郎所長という東電の現場監督が独断でそれを継続していたというから驚いた。そして更に最近になってどうやら確からしくなってきたことは、実は地震そのものの影響で原子炉が溶融につながる問題を起こしていたのではないかという「東電や政府にとっては知られたくない巨大な疑い」が、どうやら黒判定となりそうなこと。これが何を意味するかということはもう明白で、原発の立地条件と設計の安全基準に対する信頼性が根底から覆されることを意味することになる。今までは、1000年に一度の津波による~!というのを枕詞として言い訳を繰り返していたのだが、実は左にあらず、地震そのものが原子炉破壊の第一原因でしたということになると、政府としては今稼動している全原発の稼働基準を完全に見なおさなければならなくなり、場合によっては廃炉しなければならなくなるという悪夢の展開が待ち受けるのが見て取れるのだ。
驚いたことに、東電はこの最善手を打った吉田さんを報告が遅れた件で処分を検討するんだそうな。(笑)馬鹿も休み休み言えとはこのことか?命を投げ出して現場に張り付いている人間の代表である吉田所長に「やってらんねーよ」と罵られた能無し経営陣が何の権限を持って上から目線で話をしているのか全く意味不明。まずは頭を下げて有難うと礼を言うのが先ではないのか?それとも、頭を地につけると放射性物質でも額に着くのか?どうせ中身は腐ってるから影響は無かろうに。
私には、その昔、中国で宦官共が奸臣としてまさに国を滅ぼさんとする時に、外敵と向かい合う激戦地の戦陣で、宦官の命令をガン無視している将軍そのもののような気がしました。
東電という組織は一回完全に組織として更地にして、一切の利益を剥ぎ取った後で送電と売電の二会社を再構成したほうが御本人達のためにも良いでしょう。
だって、東電という名前が刷ってある名刺は人前では出せるシロモノではなくなったでしょうから・・・。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

0 件のコメント: