2011年4月23日土曜日

友達作戦への御礼の真相

Operation Tomodachiのことは大々的に報道されていたが、仙台空港そばで米軍から写真撮影された[ARIGATO]の文字を作成した人の裏話がmixiで掲載されていたらしいです。更に、それをまとめてサイトにあげてくれている人が居ました。ここにそのまとめがあります。mixiのアカウントを持っている人はもっと沢山いろんな写真とかが見れるようですが。
それにしてもこのARIGATOを並べた人、元自衛官だったんですね。この7文字を砂浜に並べたことでどこかの国の能無し首相の中身の無い言葉よりも意味のある感謝の気持ちがきちんと米軍側に伝わった気がします。
さて今日は先週末に始めた煉瓦敷き拡張工事の続きをした。といっても昼過ぎに少ししただけだが、取り敢えず追加で25枚ほど敷き増しをしてそのエリアを大幅に拡張した。セメントを追加して土台を強化するかどうかは、また今後の雨が降った後の状況変化次第ということで臨機応変に対応するしか無いだろう。明日は気が向けば仕上げの為に残りの煉瓦を敷き詰めて当面の仕上げとしようかと思っている。
もう一つ、今日はちょっと魂消ることがあった。肝を冷やしたというべきか、、、。
息子が今日買ったばかりのサンダルを試すために家の外に一人で出ていって数分間勝手に散歩に出ていったことだ。普通なら何だそんな事当たり前と言われてしまいますが、息子は自閉症で、普通は誰かが側に居ないとどこか好きなところに行きかねません。日常ではまず100%誰かが側に居る上に、ストアとかで少しだけ側を離れてもせいぜい20mも向こうに行けばこちらに戻ってくるのですが、今日は多分新しいサンダルを試した方のでしょう、普通は家から一人で出ることは先ず絶対ないのに、家の中に居ないことが判った嫁さんが「どこ?」と探し始めたことから気がついて長女と私と嫁さんの三人で数分間大慌てをした。結局、道向の暗がりの中からスキップして戻ってくる息子を見つけて一安心。普通なら怒るところですが、ただただ一安心と言う気持ちだけでした。14歳とはいえ、それは体だけで、心の中は純真な5歳くらいの子供。やはりこのようなことが起きないように近場のポリスに相談してGPSで追跡できるようにしようかな、と一瞬考えたのでした。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

0 件のコメント: