2011年3月18日金曜日

IPデータが語る被災

ブログを読んでくれている人達のアクセス記録がグーグルの解析で日本地図の上にIPアドレス情報でおおよその都市情報としてドットで記される事は以前書きました。
残念ながら、大地震が発生して以降、この一週間本当に「全く」関東以北から盛岡以南にかけてすっぽりアクセス記録が抜け落ちているのを見ると、「本当にここにいる人達の生活が大変な目に遭っているのだろう」と、最も基本的なデータからも容易に推測されます。電気、水道、水が手に入らない。基本的な生活を営むための衣料品や生活必需品が手に入らない。プライバシーが無い。そして何よりも、食料が無いところがまだまだ沢山あるという。こんな生活を既に一週間以上強いられ、かつ、家や家族を失われた方の気持ちは如何ほどのものか、、、。我々の想像できるものではない。それはたとえ映像を見てもぞの想像は実態には到底及ばない。これからは文字通り、物心両面での「継続的な」ケアがなされないといけない。今回の災害を契機とした欝の発生や、それに伴う自殺の予防、PTSDの治療など、やらないといけないことは時系列で山積み。

今まで散々菅政権のことは書いてきたので、今日はもう書かない。馬鹿につける薬はないので。自分は、日本という国はレベルの低い政府とそれをものともしない民間とのせめぎ合いで成長してきた国だと今でも思っている。本当はもっと効率的な成長の方法もあったのだろうし、他のより良い方法も沢山有ったのだろうが、御役所仕事が色々と邪魔をしてくれて、そう上手くはいかなかったと思う。特にプラザ合意以降の行政の悲惨さは筆舌に尽くす惨めな結果しか産んでないのではないかと。(日本の主だった規制措置で、有効だった規制は公害対策基本法くらいではないのでしょうか。)
無論、それ以前からも今思えば気が狂ってるとしか思えないような、無様な介入は沢山ありました。例えば、自動車行政に関しては有名なのが、ホンダやその他の会社の四輪参入を認めようとしなかった通産省の「邪魔」は有名だし、航空行政などでも、悲惨な腐れ鶴を育て続けて、最後は本当に地に堕ちてしまった日航。飛行場の運用予測に至っては殆ど冗談のような小学生の夏休みの夢日記みたいなレベル。路線の接続なんかにしても役人の天下りばかりの空港トップで、資本主義なんかを全く理解しない「自分の渡り退職金ばかり」が気になるようなしょうもない連中が商売のトップなんだから大笑いだ。それにも関わらず、多くの分野で日本はこれまで頑張ってきたのだが、獅子身中の虫も大量に増えすぎたようだ。要するに寄生虫を養うだけの余力が日本に無くなってその大樹を倒し始めたということなんだろう。
役人は能力はあるとよく言われるが、しかし、その能力というのは一体何のことなのか?いつも思うのは結局、飛び抜けて高い自己保身能力のことなのではないか?ずば抜けて高い文書作成能力も、役人用語で埋め尽くされた言語明瞭意味不明、若しくは記述明瞭現実応用不可というような紙の束。しかも、それは法律を知っているという「唯一の」特徴を生かした自分には絶対災難が降ってこない例外事項の自己ループ(但し、XXの場合はYYに準ずる。AAの場合はBBに非ず、みたいな)。
多分、元々は文書の大量処理に向いた人間だったのだろうが、それが組織の中に長くいるうちに組織を守り、自分をその組織に一体化させることで「事の善悪等には無関係に」組織を守ること自体に何の疑問も抱かなくなった連中なのだろうし、そういう連中がきっと出世していくんだろうね。役所的には。w
この連中の出してくる答弁書などにはある一定の際立った特徴がある。私は国会の応酬などでしか聴かないのだが、出してくる文言についてくるデータの論拠に全く科学的根拠が無い事だ。
普通、我々の世界だったら、ある重要なデータが出されてきたら、それをみんなでつつき回して徹底的に吟味する、無論世界中であらゆるサンプルと方法論が応用されて、その普遍性、妥当性に関する議論が澎湃として起きるのだ。どんな有名ラボが出してきた、どんなにそれらしいデータでも、一旦再現性がないとわかればそのラボ若しくは、それを出してきた連中の科学の世界での「死」を意味することになることがあるのだ。
いつも思う。何故あんたらはそんな裏付けのない数字をもとにした意味の無い議論に無駄な時間をかけるのか、、、と。もうそのあたりは習い性になって、思考停止状態なんでしょうな。さすが、文献を渉猟することに慣れた方々です。(笑)その真贋を見極めることこそ能力なのに、それを贋作と解っていてさえ、積極的に市井の人を騙すスパイスに使うんだからこれは病膏肓。
これに刃向かうには、本当はその矛盾をひっくり返す真剣な猛勉強を議員がやっておいて、言葉とデータの力で切り返す能力が必要なのだが、、、選ばれてる議員ときたらもうほとんどがこのバカな俺から見ても脱力するような馬鹿が勢揃い。例えばこいつとかこいつとかこいつとかこいつとか、、、。
別にアメリカの議員が優れているとは言いたくないしそうも思わない(特にこっちの公務員のレベルの低さは目を覆うレベルです)けど、日本の多くの議員のような言葉を持たない多くのバカ議員とは事故県産のレベルとスタッフの優秀さが全く違う。アメリカは上院議員において特に「世界」との関係において自国を捉えるという考えが前提ですけど、日本は、、、所詮小さな小さなミクロの票田に顔を向けながらの議論に終始してる連中が跋扈してばっか。
結局は選挙民のレベルでしょうし、出てくる候補連中がこれでもかとばかり犬の糞か猫の糞かどっちか選べというようなのばっかりではそりゃ選挙民も選挙行きませんよ。当然。

今度の原発の事故も結局はそういう事象の積み上がった挙句に起きたことなのではないでしょうか。その議論の根拠はネット上に沢山出てきているようですが、、、。

2 件のコメント:

fusako さんのコメント...

こいつらから自主的に一年間の給与を返上しますというような話はまだ出て来ませんか?
異常に多い国会議員に異常に高い給与噂では4000万、一般市民の痛みが分かる訳ありませんよ。

small G さんのコメント...

噂であって欲しかったのですが、事実です。
実質「公共事業」であるところの電気会社なんですが、給料は庶民の感覚とは全く違う天上人の世界です。痛みなど解るはずもない上に、かれらが起こしたこの人災は国家が国の税金で補ってくれるという法律まで有りますので。確か原発一基(もしくは一箇所)につき1200億円が上限だったかな?それ以上は後は野となれ花となれ、です。給料の返納とか「あるわけない」し、有っても三ヶ月10%とかのお茶濁しではないでしょうか。