2011年3月24日木曜日

The City of Hoops

The City of Hoops(バスケットの街)これが今のリッチモンドの別名です。
それは我々の大学とUniversity of Richmondという十マイルしかお互い離れていない二つの大学が、同時にCollege Basketballのsweet16に残っているという「異常事態」が起きているからです。一つの街が二つのカレッジをsweet16に残したというのは過去に2007年のLAで一度限り発生しただけです。要するに史上二番目の快挙なのです。
全米カレッジ一時リーグに名を連ねる330のチームの中で、たった16校(5%以下)しかなれないsweet16ですから、それはそれはもう街中でバスケットの話題で持ちきりです。これが明日の試合で勝つようなことになれば、、、。(これはsweet16の次のelite8と呼ばれるものですが!)それはもう授業どころではないのではないでしょうか。(笑)
全米に数ある「バスケットの為だけ」に有るような大学などではなく、全く普通の州立大学が評論家達の猛烈な批判に遭いながらも、「大差で」バスケット有名校を文字通り「叩きのめして」勝ち上がってきたのです。だからこそ皆も熱狂し、NY Timesまでもが我校にその新聞1ページを丸々使って特集を組んだのでした。おまけに全米のテレビで超有名な風刺番組「The Daily Show」で、我々の学区がネタにまで使われたのです。その事を娘に話すと、普段は親の話にはピクリとも興味を示さないのに「お~~~っ」という驚きの表情を見せました。(笑)
下にあるのが、昨日の五時過ぎから行われたPep Rally(日本で言うところの壮行会)の様子です。RUからもVCUからも沢山の人達が集まり(多分2千人はいたと思われる)大騒ぎでした。
これはVCU側の飾り船です
それぞれの大学から学長が、上にあるような各大学のカラーに飾られた船に乗って出てきて応援の祝辞。お互いの大学を褒めたたえた。一番上の写真で、マンションに吊り下げられている垂れ幕(バナーと言います)の文句「Eat Crow Baby!」お判りになりますか?これ、アメリカ英語でShut your mouth upとかSwallow back what you mentionedという感じの意味です。このオッサン有名なESPNの解説者でして、VCUがこのトーナメントに居ることを強く非難した人なのでした。ESPNのサイトには今ではその不明を恥じるが如く"We are sorry, We are so sorry"と書きこんであります。(笑)頑張ってElite8に駒を進めて欲しい、歴史を更に進めて欲しいと心から願っています。
Go Rams!!

0 件のコメント: