2011年2月11日金曜日

サイエンスの欠如

トヨタの肩を持つ気はサラサラ無し。
半年以上前にもここで書いたトヨタ叩きに関する話
しかし、あの議会で証言したテネシーから来たディープサウスの訛り丸出しのインチキ女と政府がグルになった茶番は絶対に許せん。実際アメリカ人でも、このオバハンが恥知らずの大嘘つきだと考える人間は履いて捨てるほど居るんですが、先ずはこのおばさんの議会証言をもう一度見てみます。
真後ろに見えるのはGovernment Motorsの頭、三流役者のラフード長官。こいつも際限なく恥知らずな野郎ですが、最近の記事ではトヨタの電子制御系等には如何なる欠陥も証明されなかったことが証明され、言うに事欠いたこのおっさん、「娘から電話があり、トヨタのシエナを買おうとしてるんだけど?と言われ’検討すべきだ’と答えた」と言い繕うのを聞いて、ドコまで恥知らず?との念を強くしました。議会と政府で寄ってたかって実質的に反論の機会さえ奪われたトヨタをコーナーに追い詰めて、ボコボコにして更に蹴りを入れて唾まで吐いた後、税金使って自国の自動車産業を守り通したオバマ。
アメリカが正義の味方だというのを頭から信じてるのは一部の無知と田舎者だけ。子供でさえ賢い子は哂ってるよ。
最初の団塊から言えるのはマスコミと政府が一体になった証拠なしの魔女裁判。データが何も無いのに推測とこの馬鹿共の証言だけで「あたかもそれらが既定事実であるかのように」進んでいくこの手の話を誰も止めようともしない。もう飽き飽き。ほんと、どこの国もマスゴミも正義の味方する連中は消えて無くなれ。データのない話を決して信じない、データの正当性の裏打ちのないものを信じないという教育が無いとこんなことになるという、最低のポピュリズムの典型。
ワシントン・ポストが今頃になって「政府は責められるべきだ」なんて言ってるけど、誰がそんなマッチポンプ信じる?馬鹿も休み休み言え。
NASAによる徹底的なデータ解析で得られたこの結果、そのトヨタの汗の結晶であるデータを盗人猛々しく持ち去っていくのはGM(Government Motors)です。(笑)

嘘つきの百姓女に正義の鉄槌を

0 件のコメント: