2011年2月5日土曜日

子供が大人の世界を覗くと、、、(笑)

今回の八百長相撲騒動を観て再び大笑い。
相も変わらず、マスゴミ様が声を揃えて非難の大合唱ですか。俺は日本に住んでるマトモな成人男性なら「誰でも」相撲には八百長が付き物だということを知っていると思ってたんで、またぞろ自称・社会の木鐸様が正義を声高に語るのを見るにつけ、体中がむず痒くなってしまうのでした。(笑)
相撲は興行!それで終わりです。
警察も、マスゴミも、なんちゅう子供じみた悪者摘発キャンペーンをやっとるん?大人の世界と子供の世界は違うんでちゅよ~。知ってても知らないふり、知ってても問題にする必要のないこと、知らない方が良かったことなんて世の中には無限にあるわけで、何でもかんでも庭先をほじくり返せば事態が良くなるなんてもんでもないことが解らんのですかね。法律の網の目をいくら細かくしたところで犯罪人が無くならないのと一緒で、結局は社会を構成する人間の質が最大かつ最高の倫理の構成要素ではないんかな?相撲を国技とかいうのも何だか良くわからない話で、これってテキ屋と同じ昔からある興行に国家が変な箔をつけただけのもんでしかないでしょう。
簡単な解決法は変な補助金一切国が出さないようにすればいいだけのこと。そうすれば、人気も規模も妥当なところに必ず収束していきますがな。ガチで注射相撲を拒否して恐ろしく強い連中もいれば、当落線上でうろうろする力しか無いせいで賭けの対象として金で星を遣り取りをするしか無いしょうもない連中も居るわけで、、、。別に相撲取りが聖人君子である必要は全くないわけで、悪役を任ずる相撲取りが居ようと全く構わんわけですよ。要するにそれが嫌なら相撲なんぞ見なければいいわけですから、変に生徒指導みたいなことをするのはやめて、同時に補助金もやめて自然の流れに任せるべし。
国が補助金出してる事業でなんかまともに育ったものってあるか? 農業なんかダメダメのド最低の典型例ではないですか。自然選択と盛者必衰の法則を大きく歪めるようなことを繰り返してると、どんな領域のモノでも競争力が無くなるのは当然だと思うんですけどね。
大人気だった頃の昔の相撲ではイカサマがなくて、昨今の零落れ気味の相撲ではイカサマが有るなんてことをマトモにに信じているんだったら相撲なんて見ないほうが良いと思います。(笑)
なんどでも繰り返しますが相撲は伝統芸能と同じ興行です!おわり。知ってても知らない振りをする事が出来ない原理主義者様が増えると、西だろうが東側だろうが世の中は生きにくい。

0 件のコメント: