2011年1月26日水曜日

日本からのお客様~

名古屋の加齢研・名古屋大学で教授をされているM先生がDC経由でリッチモンドへ到着。
カナダで開かれる学会へ行くついでということで、こちらから講演依頼を前もって出しておいたため、先生の研究されている分子に関する講演を当大学でしていただく事になっている。今日の到着自体が、突然降りだしたみぞれ雪のために危ぶまれていたのだが、なんとDCからリッチモンドへのフライトのキャンセルが連発される中での最終フライトに滑りこむことが出来てこちらに昼過ぎに到着と相成った。
夕方に私も実験を終了した後、みぞれ雪で大渋滞のI-64Wを避けて下の道を通ったのがズバリ大正解で、六時には共同研究者のH先生とM先生が待つTARA-THAIへ到着し、久しぶりの再開を喜ぶとともに、近況報告や互いの研究の進捗状況等を話し合う。
明日の公演準備を邪魔してはいけないと思い、弾む話も止む無く途中で腰を折り、互いに帰路へ。M先生は今夜はH先生のお宅へ泊まることとなる。明日の講演が楽しみです。

0 件のコメント: