2010年12月27日月曜日

休み続きで死にそう

クリスマス休暇で細胞のメインテナンスモードに入っている。
年末は後二回ラボに良く予定だが、休みも三日続くと体がなまって仕方がない。
つくづくやることがないと駄目な人間だなというのがよくわかります。体が鈍るというのは本当に良くないなというのは体調という物差しではかることしか出来ませんが、家に居て出来ることは論文の読み書き、情報収集と来年へ向けての計画の策定となる。この時間も無駄には使えない、、、が、休養が上手くできないというのはそれはそれで問題。
絵を描き、本を読むという以外の趣味に体を使う何らかの趣味を加えていきたいところですが、体を使うことに関してどうも怠け者でいけません。カヤッキング、ジョギングんなんかを考えてはいますがどうしましょうかね。考えどころです。

2 件のコメント:

norinori さんのコメント...

Small Gさま・・・

私は走るのが大の苦手。そんな私が運だめしで申し込んだ去年の10月に東京マラソンに当選して走り始めたら・・・これがまた楽しくて仕方ありませんでした。たった半年弱の走りこみでしたが、体の細胞が活性化するのを体感し,
除々に体が引き締まり変化していくのはかなりの感動です。一度ぜひご自身の体で「実験」されることをお勧めします。(東京マラソンは二日前に父が急死し残念ながら参加できませんでしたが)

small G さんのコメント...

norinoriさん

2010年はnorinoriさんにとって大変な年だったのですね。しかも御尊父は急死されたとの事、心の準備も何も出来ない状態での悲しみは到底受容できなかったと思います。私も自らの両親にそのような日が来るのが遠くは無いと頭では解っていても、実際にそれが起きたらどうなるのか。最近親孝行していないことも気になっています。
さて、ランニングの件ですが最近はもう減食によるダイエットにある程度の限界を感じてきて、「筋肉」と「心肺能力」の鍛錬という意味で走ることを考えてはいるのですが、、、。生来の無精者、自分の体で「実験」をするのが億劫でなりません。(多分、人にメニューをつくるマネージメントならいそいそとやるのでしょうが。)
自分への包囲網を縮めるために最近はジョギングシューズをを買い込まねばとウェブサイトを渉猟する日々です。まずは形からという、ダメ人間にありがちな行動ですか、、、。