2010年11月25日木曜日

サンクスギビング・デイ

今年もやって来ました、アメリカ人によるインディアン大虐殺開始のお悔やみ祈念日、というのはちょっと言い過ぎかもしれませんが、、、。
21世紀の今日では単に普通のアメリカ人にとって一年で最大の休日というべきでしょうか。家族単位での全米中での大移動、それともう一つ大事なのはブラックフライデーといって一年で最も大きな商品大売出しセールでもあるのです。このサンクスギビング・デイの翌日のセールは時間セールなどで朝の五時から10時までとか、物凄い強烈なディスカウントがあって、商品供給が続くまでの時限セールなどが目白押しです。
しかし我が家はこの手のセールには全く関心がない上に、アメリカに誰も親戚などいないので、毎年、何事も無くただ日常の生活が続くのです。子供たちは学校はないのですが、私にとっては平日と一緒で、ラボに行って普段どおりのお仕事をする日です。味も素っ気もないですね。
もっとお金でもあれば話は別で、カリビアンクルーズなんかにでも行っているのでしょうが?(笑)
とりあえず今日は、嫁さんが少しはアメリカにいる雰囲気でも出そうかということで何だか不思議なアメリカ人家庭風のサンクスギビングディナーに挑戦しました。
見かけがあまりにも通常の夕食と違ったので(作った本人も含めて)味に不安があったのでしたが、意外と普通に美味しかったので「一安心」しました。アメリカ人の作る家庭料理も時々ご相伴にあずかることがあるのですが、やっぱ日本人というより「アジア人」家庭で出される料理とは随分感じが違うんですよね。大まかとか何とかいうのは家庭によって全く違うんですけど、一言で言うと「カロリーの高そうな」料理が多いです。きょうの料理でさえ我が家の標準からすると随分カロリー高そうには思えました。
しかし、休日割引ということで気にせず食べた次第です。(カロリー割引とでも名付けますか?)

4 件のコメント:

Sammy さんのコメント...

I have not the thanks giving day, because I have lived only in Japan. So I do not know the meaning of the holiday.

Anyway, your wife worked hard. The dish may be so nice. If I had such wife.

Have a nice holiday. And please meet me, when I go to there.

small G さんのコメント...

どうやら私自身が昨年、一昨年とこの行事についての雑感を書いているようです。毎年相も変わらぬ様子が見て取れます。感謝祭に関する説明はやっぱりウィキが詳しいですね。昨年の分
http://chesterfield-va.blogspot.com/2009/11/blog-post_25.html
と一昨年の分のリンクです。
http://chesterfield-va.blogspot.com/2008/11/blog-post_29.html
感謝祭もインディアンにとっては複雑な思いがあると思うんですが、私にはその意見を聞くチャンスがありません。身近にピュアなネイティブインディアンが居ないので率直な意見というのが手に入らず残念です。

Sammy さんのコメント...

過去ログ拝見しました。七面鳥って大きいんでしょうね。

それを確か、恩赦するんでしたっけ?

small G さんのコメント...

確か、子どもたちの前で(少なくとも)一羽の七面鳥を無罪放免という感じで赦したはずですが、私はテレビを見ない人なのでそういうシーンを直接画像で確認したことがありません。
大きさに関しても、残念ながら何もコメントできないんですよ。何にしろホンモノを見たことがないんです。(笑)多分近所の動物園で見ているはずなんですが、改めてサイズを訊かれると、、、。ウグっという感じです。