2010年11月5日金曜日

中華人民共和国・日本支部

今回の中国漁船による衝突の映像の流出で、デジタルレコードとインターネットの組み合わせの破壊力というのが国家の世論を揺り動かす衝撃的な破壊力を持つことが「改めて」提示された事件でした。
まあ、今回の映像流出で解ったのは、この内閣はもう長くないなということ。
これがデジタルである限り、この映像がYoutubeから消えることは先ず有り得ませんし、Youtubeではなくても、他のところで保存されればそれで永遠に残るわけですから、何度でも繰り返し永遠に反省材料としてながれることになるでしょうし、Youtubeが政治がらみのことでコントロールを入れてくるわけは「絶対に」無いし。
日本側に何の非も無いことがこれ程明白に「映像として」提示されると、見た人間の大半はそれを隠していた人間は誰なのかに、改めて思いを致すことになるでしょう。どっちを向いて政治をしているか判らない傀儡政権の無残さにはもうコメントを残す必要も感じませんが、この流出事件で改めて事の真相が隠されたことに彼らなりの義憤を感じている内部の人間が居ることが明白になったということ。そして、その人間は先ず間違いなく自分の職を賭した状態での挑戦に出ているということ。

これは時代を越えた2・26事件なのかも知れません。

日本は文明国ですから、こんな程度の低い中国の漁師連中の挑発行為に最初からのることは有り得ないのですが、これが米国沿岸警備隊だったら間違いなく第一撃は応戦行為でしょうね。国論も確実に沿岸警備隊をほぼ100%の程度で全面支持でしょう。下手すれば撃沈かな?残りの周辺の漁船は多分全員白旗あげてるでしょうし、今頃第三艦隊と中国海軍が全面的に対峙しているはずで、その後映像が即座に公開されて中国の対応に総スカンが来ることはほぼ確実という流れになったはずで、後はスゴスゴと中国様ご一行お帰りです~!!となったはず。
しかし、まあこの土管と賤極コンビでは無理なことは日の目をみるより明らかなので、それは諦めるとしても、この政権の継続は本当に日本という国に巣食う獅子身中の虫ですね、、、。
なんか海保では、調査を受けている人間の多くが私がやったとか言っているとかいないとか、、、見ものです。

中国人の漁師さん、紳士の文明国家、日本相手でよかったね。w

1 件のコメント:

Sammy さんのコメント...

日本創新党臨時党大会に行ってきました。Twitterでリアルタイムレポートをやったのですが見ていただけましたでしょうか?

臨時党大会では私が代表幹事の中田宏氏に、「私のブログには党の許可を得てバナーを貼っているが、これはむしろ党がお願いしてはってもらうようにするべきである。早急にご対応下さい。」と提言したのに対して、

「中田氏は良く分かりました。すぐにやります。」と仰っておりました。もし、日本創新党の理念を受け入れていただけるのであれば、私と同様にバナーを掲示していただけませんでしょうか。

よろしく御願いいたします。海外のニュースがとても教務深くいつも拝見しております。