2010年10月15日金曜日

哂っていいでしょうか、、、「巧みな演出、スター像確立 比類なき谷ブランド」orz

中国新聞という新聞記事に次のような記述が、、、。

女子柔道の第一人者で参院議員の谷亮子さん(35)が15日、現役引退を表明した。民主党の小沢一郎元代表も同席した記者会見では、演説のようにスラスラと今後の抱負などを口にした。選手と政治家の両立は貫けなかったが、その理由も「スポーツの環境づくりに尽くしたい」。デビュー時の愛くるしいイメージが、漫画「YAWARA」の主人公と重ね合わされて人気者に。以来、巧みにメディアと歩調を合わせて独自のスター像を確立した。異色の存在感を誇った谷さんの電撃引退に、日本スポーツ界、広告業界では称賛とともに惜しむ声も上がった。


この新聞は中華人民共和国の新聞ですか?タイトルは今日のブログのタイトル通り付いていたのですが、遂にこの脳味噌スッカラカンの柔道ロボットもセイジの世界に専念しますか?(笑)可愛くもない、賢くもない、だったら取り柄は柔道!その文字通り素晴らしい柔道の実力だけでその半生を終わらせて欲しかったのですが。名選手が名伯楽にはなれないのが世の常ですが、まだソッチの方が人の畏敬は勝ち得たかも。いまでは自覚のないただのミニ木偶の坊。(恥を感じないという意味では立派なセンセイです。)
ハッキリ言って推薦枠でこのオバサンに自分の出場枠を削られる後輩にはいい迷惑だろうとずっと考えていたので、遂にその未練も断ち切る時が来たかという感慨を持ちました。
汚沢も隣に座って、産みの親風の顔をしている写真を見ましたが、自分を追い込んだ検察審査会の決定の行く末の方を心配したほうがいいんじゃないでしょうか。w
まあ、オバチャンも国会での答弁で原稿読むときはキチンと漢字にはフリガナつけてもらっておいてくださいね~。恥を解せぬ痴性という意味では三宅とどっちが「下」かな。

0 件のコメント: