2010年3月30日火曜日

再郵政公社化

国民新党の御老体も票欲しさに何でもします。

支持率は驚くほど常にガチガチの「ゼロ」。しかし、30万票を集める力があり二、三人の人間を比例代表で作るだけの力がある郵政の支援を受けるべく、時代錯誤の郵便局長会の男芸者に徹して彼らの言いなりになっている。(笑)傍から見るとみっともないの一言なのだが、彼らにしてみれば必死なのがポンチ絵的で素晴らしい
  • 特定局長は定年(一般郵便局員は60歳)を延長し、65歳まで再雇用する
  • 「年に3回ほど実施されてきた」という郵便局に対する検査・監査は簡素化し、2年に1回とする
  • 郵便局の監視カメラに関しては、3月中に機能を停止し、撤去
のだそうだ。不祥事続発の郵便局に更にアメか?まさに腐ったミカンの上に更にカビを撒く所業ですな。まあ逮捕者を今後もコンスタントに作り出して塀の向こうに落ちていただきましょう。(笑)しかしその臭いメシ代が日本人の税金だというのが困るので、郵便局で出してもらうか?
その上でヘタをすると郵貯の限度額を二倍にした上で保険額の限度も1.5倍にしてその金を恐怖の税金バラマキシステム「財政投融資」へつぎ込むとの話。

日本も首相がパーだとコントロールされ放題で攻めやすいですね。w
こんな男子の本懐とは無縁の連中に蝕まれていく日本、、、寂しいもんです。この切迫した政治日程にハトポッポは金星人のUFOに乗ったという嫁さんと一白温泉旅行にいって休養してきんたんだそうな。大層なご身分で。

0 件のコメント: