2010年3月10日水曜日

恥知らず

民主党って言うのは本当にどこまでいっても本当にカスの集まり。
子ども手当を巡る混乱は本当にカオスの極み。一体この人達は税金と言うものをどう考えているのか全く分からない、というか全く国家の予算というものの行く末を心配している気配すら無い、、、。
国家の防衛予算をも超える五兆円と言う金額を超える税金をばら撒くにあたって、その予算の資金源も無く来年も再来年も続けて行きたいと言うのは先ず開いた口が塞がらなかったが、それだけでなく更に心の底から呆れるのは日本に住む外国人の子供にも「例え子供が国外に居住していても全員配る」と言うのだ。

ここは笑うところか?

この方針が何を産み出すかは日の目を見るよりも明らかで、犯罪シンジケートの登場である。私には地元に5人居ます、私には他のここには連れてきていない連れ子が6人居ます、何て言うのがガンガン出てくること間違い無し。人数かける2万6千円かけるこれから公約が履行される間の月数が国外の何の関係も無い人間達の為に消えて行くのだ。

しかもそれが本当なら未だ救いもあるが、シンジケートはそんな甘いものではない。いくらでも架空の書類と架空の子供を作って大量の国富を吸い上げる。馬鹿息子のバカ鳩が友愛の名のもとに国家が営々と蓄積してきた国富を吐き出し、国力を弱らせるための施策を堂々と行うのだ。

犯罪者集団に栄光あれ!
そしてその犯罪者集団を選び出した栄え有る賢者達に更なる幸いの訪れんことを!

0 件のコメント: