2010年3月1日月曜日

光陰矢の如し

ありきたりだけど、本当に時間の過ぎてゆくのは早いものです。もう今年も既に3月になってしまいました。

10歳になるまでは早く中学生のように大きくなりたいな、なんて呑気に思っていましたがそこに到達するまでには物凄く長く待たされたような感覚があります。十代になってからは勉強と遊びに明け暮れる毎日でしたが、それなりに自分を見つめる長い時間が与えられていたように思います。二十代になってからの毎日は勉強とスポーツと酒と仕事の毎日と言う感じでしたが、やはりそれなりに新しく自立した自分に満足感を覚える毎日でした。三十代になるともう実験に追われる日々と子育ての二つがメインの日々でした。四十代では、、、まさに今真っ盛りですが、明らかに流れる十年のスパンと言うものが短く感じるようになってきています。こうやって残りの人生はドンドン更に短く感じるのかな~等と考えることもあります。日々流されること無く課題に挑戦して行くのは面白いけれども、、、やはり難しいものです。

0 件のコメント: