2010年2月15日月曜日

国母選手

オリンピックが始まっていることに今年も気づかなかった私です。
まあ、そんなことはどうでも良いのですが、気づいたキッカケはスノボをしている国母選手の服装叩き。
いろいろネットを見てるとコテンパンにやられているようで、見ていて「あ~あ」という感じ。
なんというか完全にヒールに徹し切れないワルを気取りたい様子が余りにもあからさまで、思わず苦笑い。
もう21なら自分の会見がどんな波紋呼ぶのかぐらいは見越しておかないとね。
この選手が今までこういったカルチャーの中で育ったからなのか親の育て方もしくは本人の「育ち方」なのかはわからないのですが、要するにあの態度が日本でどういう波風を立てるのかという想像力の徹底した欠落があるような気もします。(もしそれを見通して承知でやってたのなら、逆になかなかホネがある輩だと思いますが。)
国母選手はこうなったらもう立派な結果出して、服装にケチつけた連中を黙らせるしか逆襲手立てないと思う。皆が寄ってたかって水に落ちた犬を叩くのを見ると、どうしても生来の反骨魂が出てしまいこんな悪役青年であっても肩入れしてしまうな~。(笑)

昔からハズレ者を許さない村社会ですから、まあ日本からのバッシングもいわゆる「想定内」という奴でしょうかね。しかし、これはスノボで一生、食っていく実力と将来の指導力がないと普通の就職はちょい諦めた方が良いかも?顔売れすぎたか。まあ、変わった人物を拾う神はどこにでもあるから逆になんか別の人物からの接触があるかもしれません。

0 件のコメント: