2009年12月16日水曜日

師走

月曜日はFaculty Meetingでホテルに缶詰。
昨日、火曜Bethesdaまで行ってNIHの昔のラボからいろいろと最新情報を調達してきた。
やはり時代は日々動いて変わっていっているのだなと感じるいろいろな話を聞くことができた。
やはり幹細胞使った色々なレベルの司式工学的な研究が比較的研究費を取りやすそうな印象を受けた。

しかし、自分の場合は癌細胞の研究だから、癌幹細胞(Cancer stem cell)の研究すれば話が早いのかななどとも思うが、、、。ちょっと考えてみるのも面白くはあります。

0 件のコメント: