2009年12月2日水曜日

データの洗い直し

今日は一日じっくり時間をかけて過去のデータを再検討し実験が上手くいってない部分について考察を加えてみた。その結果、どの部分が原因で上手くいかないのか学生に対して適切なアドバイスを与えることが出来た。実に「コロンブスの卵」的な結論だったのだが、わかってしまえば答えなどというのはこんなものなのだということ、、、。

誠に同じことの繰り返しで、失敗の原因究明は解ってしまうと「なんじゃそれ」というような事ばかり。
何事にも思い込みというのは人間から消え去らないですね、、、。
Cogito, ergo sum等という言葉は凡人には無縁のようです。orz

だからといって、逆に、成功している時に何故そうなるかの原因追求自体も我々の仕事なのですが。
因果な商売です。(笑)

0 件のコメント: