2009年11月16日月曜日

取り敢えずは快勝

先週の金曜日はBethune-Cookmanとの対戦。
第一回だけに今年の行く末を占う大事な一戦となったわけだが、取り敢えず危なげ無い一勝。

とにかく印象的だったのは相手側のコーチの憤激ぶり。
この人なんだが、、、暴言でテクニカルファウルを取られる始末。選手の足引っ張ってどうする?
審判はどう見てもレベル高めの審判団で、どちらに偏っているという感じでもなく、スムースに試合が運ばれていたと感じたのだが。
途中で怒りの余りこっち側のコーチに直接怒鳴り続けると言う失態も。

この人来年があるのか心配です。

取り敢えず我が大学は勝利ということで一安心。
-

0 件のコメント: