2009年6月7日日曜日

ゲームマシン 2

ゲームマシンのアップグレードと簡単に言っても、マシンの選択だけでもBTOから自作のものまで選択肢は多い。また、私のプレーするゲームの場合、マックでもWINでも問題なく稼動するので、それも問題となる。しかし、やはり今後のことも考えるとアップグレードの容易なものを選択しておいたほうが後々私自身にとってもより堅実な選択として後悔しないのではないかと考えた。
そうなると、、、DELLを選んだときのような失敗は犯せない。というのはこの筐体がBTXであった為、アップグレード用に電源を選ぼうとしたとき極めて限られた選択肢に唖然としたこと。
もう一つは、他のネット上の小売店の人間が「極めて」DELLマシンとの彼らの売る部品とその互換性に関する質問には答えようともしないことに気付いたからである。住んでいるのはアメリカなので、まあ応答は無論英語なのだが、通常の遣り取りのときの親切さはどこへやら、、、。本当にぶっきらぼうに「何も知らんし、答えたくもない」という感じの応対をしてくる。

要するにこれらの小売店にとっては当然の如くDELLは彼らの敵なのだった。

ではどうしようかということで、前々から考えていた「自作PC」という選択肢が頭をよぎった。

0 件のコメント: