2009年3月24日火曜日

うちにいる犬

前にも何度か書きましたが、うちにはヨークシャーテリヤがいる。年は一歳半の犬で既に去勢済みなのですが、この前、獣医さんの所に連れて行って検診を受けたところ、後脚の膝関節に問題があるので近いうちに手術を受けておかないと将来的に問題が大きくなるかもといわれたというのです。嫁さんが説明を聞いたので例によって細かい話は伝わらず。(笑) まあ、この手の問題になるといつも我が家の場合は治療費の話が表に出てくる。ご存知の方は当然ご存知でしょうが、動物が小型だからといって治療費も小さいと言うものではないのです。この前間違ってホワイトチョコレートを食べてしまったときには獣医に夜中に走って吐き出させて暫く様子を見るということをしただけで250ドルかかりました。 それなら保険に入っておけばよいではないかと言われそうですが、これが馬鹿にならないくらいかかるのです。無論満足のいくグレードの保険に入るとなると、人間様に近づくことになり我が家の家計的にはきびしーーものになります。 しかしこの手の愛玩犬はもともと無理に交配を重ねていることもあり雑種の逞しさや健康さを持ち合わせていない場合が多いのもまた事実です。 ヨーキーに比較的特異な病気の一覧というのもしっかりありまして、これらに備えることを考えれば当然保険に入っておいたほうが良いのですが、、、。 どうしようかな。 悩みます。

0 件のコメント: