2009年3月4日水曜日

卒前検討会

今日はco-mentorshipをお願いしている他の二人の教授にお願いして4時から6時までみっちりと各マスターコースの卒業希望の人間の発表を聞いてもらった。
なかなか示唆に富む質問が多く、今後の参考にさせていただけるものが多かったばかりか、その後の講評ではかなりポジティブなコメントを戴いた為、恐縮至極というところです。これに関しては、彼らの努力もある程度褒めなければならないのですが、私のほうも髪の毛が白くなりそうです。女子学生の方はともかく、もう一人の男子学生は、、、本当に付きっ切りと言う感じで、、、。おまけに自分はある程度出来ると勘違いしているのでその勘違いを「厳しく」修正するのに非常に忙しいです。(笑)どこにでもいる勘違い君の一人なんですが、まあ社会に出てから厳しい現実と向き合ってもらいましょう。学生の間はナニがどうあれPIたる私が彼を護ってあげると決めたのですが、これが次のステップでは梯子を外されるわけですから、彼にも自分の「駄目さ加減」を自覚していただくことになるでしょう。
これもトレーニングの一つですから、まあ、人生経験においては許容範囲だと思います。

ところで昨日は日本では雛祭りだったんですね。「完全に」忘れていました。娘達には黙っておこう。(笑)

0 件のコメント: